オリックス不動産投資法人の特徴とデータ

オリックス赤坂2丁目ビル大手の不動産投資信託はオフィスビルに特化したものや商業施設をメインに物件の取得をするものなど、特定の種類の不動産に的を絞った銘柄が多く上場していますが、オリックス不動産投資法人は、それらに加えて物流施設やホテルなど、多岐に渡る総合型REITとして日本で最初に誕生した銘柄です。

しかし、総合型でありながら、首都圏のオフィスビルへの投資を80%以上とする運用方針を行っており、他のオフィスビル特化型のREITが地域分散を行うように、オリックス不動産投資法人ではホテルや物流施設、商業施設と言った他の種類の物件を取得することによってリスク分散を行っています。

他社と同様に地域分散も行っていますが、その比率が約20%程度と低めに設定されていることから、REITの見方としては首都圏オフィス集中型と見るのが正解かもしれません。

また、保有するポートフォリオに関しては、安定した分配金の維持向上に努めるとしながらも、状況の変化に応じて機動的な物件の取得と売却を行うとされているので、比較的短期的な不動産売買も行っているようです。

資産保管会社となっているオリックス・アセットマネジメントの株主比率が、オリックス100%となっていることからも、良い意味でも悪い意味でもオリックスグループの特色が色濃く出ると思って間違いないでしょう。

オリックス不動産投資法人の特徴

J-REIT データ

基本データ
証券コード銘柄名REITの形式
8954オリックス不動産投資法人総合型(オフィスビル中心)
上場年月日決算期発行口数出資総額
2002年6月12日2月・8月251,622口1378億1400万円
長期債務格付け
S&PMoody'sR&I
A--A+
資産運用会社
オリックス・アセットマネジメント
資本金主な株主資産保管会社
1億円(2008年6月現在)オリックス【100%】住友信託銀行
監査法人名義書換事務主幹事証券会社
あずさ監査法人住友信託銀行大和証券CM / 野村證券 / UBS証券

代表的な保有不動産と取得価格

シーフォートスクエア

不動産投資信託 解説

関連サイト

安全な住宅ローンの組み方
住宅ローンの安全な組み方について。フラット35や金利の違いを知ろう
J-REIT初心者入門
1万円からはじめる不動産投資信託。その仕組みや種類を解説
一人暮らしの極意
賃貸住宅に一人暮らしするためのコツや豆知識。不動産屋との上手な付き合い方

サブメニュー