野村不動産オフィスファンド投資法人の特徴とデータ

新宿野村ビル野村不動産オフィスファンド投資法人は、三大都市圏と政令指定都市等の大型オフィスビルに限定しての投資を行うJ-REITです。

首都圏を中心に、愛知、静岡と言った中部圏や大阪、京都のような近畿圏も含まれますが、東京都心部に60%~80%、周辺部に10%~20%のポートフォリオを構築することを目的としている為、主に首都圏のオフィスビル特化型不動産投資信託であると考えられます。

特徴として、保守的な有利子負債比率による財務の健全化や、築年数等の条件に応じて、取得した物件に対しての大規模修繕やリニューアルを行いさらなる価値向上を図るといった独特の運用方針があります。

スポンサーは野村不動産が100%となっており、良くも悪くもグループの色が出る不動産投資信託と言えるでしょう。

野村不動産オフィスファンド投資法人の特徴

J-REIT データ

基本データ
証券コード銘柄名REITの形式
8959野村不動産オフィスファンド投資法人オフィスビル特化型
上場年月日決算期発行口数出資総額
2003年12月4日4月・10月305,123口1854億5500万円
長期債務格付け
S&PMoody'sR&I
AA2AA-
資産運用会社
野村不動産投信株式会社
資本金主な株主資産保管会社
3億円(2008年6月現在)野村不動産ホールディングス【100%】三菱UFJ信託銀行
監査法人名義書換事務主幹事証券会社
新日本有限監査法人三菱UFJ信託銀行野村證券

同じ系統の銘柄

野村不動産レジデンシャル投資法人
野村グループのJ-REITである点が同じですが、こちらは住居特化型となります。

代表的な保有不動産と取得価格

JALビルディング

不動産投資信託 解説

関連サイト

安全な住宅ローンの組み方
住宅ローンの安全な組み方について。フラット35や金利の違いを知ろう
J-REIT初心者入門
1万円からはじめる不動産投資信託。その仕組みや種類を解説
一人暮らしの極意
賃貸住宅に一人暮らしするためのコツや豆知識。不動産屋との上手な付き合い方

サブメニュー