ケネディクス不動産投資法人

KDX晴海ビル東証一部上場の私設不動産ファンド大手のケネディクスがスポンサーとなって運営されているケネディクス不動産投資法人は、中規模オフィスビルに特化したJ-REITです。

中長期目的で保有するタイプの不動産投資信託ではなく、機動的な物件の取得と売却によってより良いポートフォリオの構築を目指しています。
その為、既存の物件に対しても賃料増額の改定交渉は原則行わず、現状維持が基本となっています。

対象とする主な不動産が中規模オフィスであることからも、1件あたりの物件に投資する金額の比率が低水準となっているのが特徴。

地域分散も行ってはいるものの、ケネディクス不動産投資法人の方針として東京経済圏への中規模オフィスビルNo.1リートを目指している為、その比率は80%以上となっており、総合型のREITでありながら、東京周辺の中規模オフィス集中投資型であると言ってよいでしょう。

ケネディクス不動産投資法人の特徴

J-REIT データ

基本データ
証券コード銘柄名REITの形式
8972ケネディクス不動産投資法人総合型(オフィスビル中心)
上場年月日決算期発行口数出資総額
2005年7月21日4月・10月233,550口1331億3000万円
長期債務格付け
S&PMoody'sR&I
--Ba1
資産運用会社
ケネディクス・リート・マネジメント
資本金主な株主資産保管会社
2億円(2008年6月現在)ケネディクス・アセット・マネジメント【90%】みずほ信託銀行
監査法人名義書換事務主幹事証券会社
新日本有限監査法人中央三井信託銀行野村證券 / UBS証券

代表的な保有不動産と取得価格

フレーム神南坂

不動産投資信託 解説

関連サイト

安全な住宅ローンの組み方
住宅ローンの安全な組み方について。フラット35や金利の違いを知ろう
J-REIT初心者入門
1万円からはじめる不動産投資信託。その仕組みや種類を解説
一人暮らしの極意
賃貸住宅に一人暮らしするためのコツや豆知識。不動産屋との上手な付き合い方

サブメニュー