ジョイント・リート投資法人

浜松プラザジョイントリート投資法人は総合型J-REITですが、主に経済情勢の変動を受けにくい住居物件と、長期賃借契約による収益の安定性が見込まれる商業施設への投資がメインとなっている為、実質的には複合型REITという位置付けです。

メインとなる住居と商業施設の比率をそれぞれ、45~75%、25~55%としており、これらをコアアセットとしています。
総合型の不動産投資信託として、オフィスビル等も投資対象になりますが、こちらは0%~15%程度の割合となっており、バランス・アセットとしています。

全国の政令指定都市等への分散投資も行いますが、比率はポートフォリオ全体の20%程度となっており、主として首都圏の物件を取得します。
原則、中長期保有を目的とした不動産の取得を行う為、短期的な物件の売買は行いません。

ジョイント・リート投資法人の特徴

J-REIT データ

基本データ
証券コード銘柄名REITの形式
8973ジョイント・リート投資法人総合型(住居+商業施設中心)
上場年月日決算期発行口数出資総額
2005年7月28日3月・9月104,670口487億400万円
長期債務格付け
S&PMoody'sR&I
--BBB+
資産運用会社
ジョイント・キャピタル・パートナーズ
資本金主な株主資産保管会社
2億円(2008年6月現在)ジョイント・コーポレーション【100%】みずほ信託銀行
監査法人名義書換事務主幹事証券会社
あずさ監査法人みずほ信託銀行みずほ証券

代表的な保有不動産と取得価格

スペーシア銀座

不動産投資信託 解説

関連サイト

安全な住宅ローンの組み方
住宅ローンの安全な組み方について。フラット35や金利の違いを知ろう
J-REIT初心者入門
1万円からはじめる不動産投資信託。その仕組みや種類を解説
一人暮らしの極意
賃貸住宅に一人暮らしするためのコツや豆知識。不動産屋との上手な付き合い方

サブメニュー