日本ロジスティクスファンド投資法人

東雲物流センター上場している不動産投資信託の大手の中でも唯一となる物流施設特化型のJ-REITが、日本ロジスティクスファンド投資法人です。

入出荷や商品の保管、梱包、値札付けなどが行われる物流施設は経済活動に密接な関係を持つ不動産であり、長期に渡って安定的な需要が見込まれると同社は考えているようです。

運用方針は、首都圏への投資が約60%、その他地域への投資が約40%としており、全国各地に地域分散が行われている他、築年数が長いものについては、キャッシュフローに大きな影響を与えない範囲でリニューアル工事も検討します。

資産運用会社は三井物産が50%超のスポンサーとなっており、それに続いて資産保管会社を兼用する中央三井信託銀行が29%の株式保有比率となっています。

上場時より無借金経営となっており、現在も低い有利子負債比率を維持している点も大きな特徴の一つであると言えるでしょう。

日本ロジスティクスファンド投資法人の特徴

J-REIT データ

基本データ
証券コード銘柄名REITの形式
8967日本ロジスティクスファンド投資法人物流施設特化型
上場年月日決算期発行口数出資総額
2005年5月9日1月・7月122,300口820億2100万円
長期債務格付け
S&PMoody'sR&I
-A1AA
資産運用会社
三井物産ロジスティクス・パートナーズ
資本金主な株主資産保管会社
1億5000万円(2008年6月現在)三井物産【51%】 中央三井信託銀行【29%】中央三井信託銀行
監査法人名義書換事務主幹事証券会社
新日本有限監査法人中央三井信託銀行日興シティグループ証券

代表的な保有不動産と取得価格

川崎物流センター

不動産投資信託 解説

関連サイト

安全な住宅ローンの組み方
住宅ローンの安全な組み方について。フラット35や金利の違いを知ろう
J-REIT初心者入門
1万円からはじめる不動産投資信託。その仕組みや種類を解説
一人暮らしの極意
賃貸住宅に一人暮らしするためのコツや豆知識。不動産屋との上手な付き合い方

サブメニュー