産業ファンド投資法人の特徴とデータ

IIF羽田空港メインテナンスセンター従来のJ-REITが投資対象としてこなかった分野へ進出し、不動産投資信託の新しいセクターとの位置付けでスタートした産業ファンド投資法人。

その投資対象は物流施設や工場・研究開発施設、そしてインフラ施設(発電所、空港、経済インフラ不動さん)にまで及びます。
物流施設及び工場・研究開発施設等への投資割合が50~80%とメインになりますが、空港施設のような大規模インフラ施設にも20~50%の比率で不動産物件の取得を行います。

基本的には中長期運用が中心ですが、賃貸借契約期間にも分散が図られており、2年未満の短期契約が0%~20%、10年未満の中期が20%~40%、10年を越える長期貸借期間が40%~80%です。

スポンサーとなるのは総合商社大手の三菱商事と外資系のUBSで、資産運用会社は商業施設特化型のJ-REIT「日本リテールファンド」を運用する三菱商事・ユービーエス・リアルティとなっています。

産業ファンド投資法人の特徴

J-REIT データ

基本データ
証券コード銘柄名REITの形式
3249産業ファンド投資法人複合型(物流施設+インフラ施設)
上場年月日決算期発行口数出資総額
2007年10月18日6月・12月79,035口365億2900万円
長期債務格付け
S&PMoody'sR&I
---
資産運用会社
三菱商事・ユービーエス・リアルティ
資本金主な株主資産保管会社
5億円(2008年6月現在)三菱商事【51%】 UBS.A.G.【49%】住友信託銀行
監査法人名義書換事務主幹事証券会社
新日本有限監査法人三菱UFJ信託銀行日興シティG証券 / UBS証券 / 野村證券

代表的な保有不動産と取得価格

IIF神戸地域冷暖房センター

不動産投資信託 解説

関連サイト

安全な住宅ローンの組み方
住宅ローンの安全な組み方について。フラット35や金利の違いを知ろう
J-REIT初心者入門
1万円からはじめる不動産投資信託。その仕組みや種類を解説
一人暮らしの極意
賃貸住宅に一人暮らしするためのコツや豆知識。不動産屋との上手な付き合い方

サブメニュー