阪急リート投資法人

HEPファイブ阪急電鉄が100%のスポンサーとなっている阪急リート投資法人は、首都圏以外の地域特化型のJ-REITであり、関西の商業施設物件を主に取得する初の銘柄です。
2007年以降は、東京への不動産投資も開始しています。

関西圏への投資比率を50%以上としており、投資対象となる物件タイプは商業用施設、事務所用施設、複合施設となりますが、中でも商業施設の物件取得を50%以上としています。
この、商業施設の中にはホテル施設も含まれますが、割合は10%以下にするとなっています。

スポンサーとなる阪急電鉄の強みを生かし、関西圏の不動産物件は主に梅田周辺に密集しており、取得した物件は原則として長期間の運用を目的としています。

阪急リート投資法人の特徴

J-REIT データ

基本データ
証券コード銘柄名REITの形式
8977阪急リート投資法人総合型(商業施設中心)/td>
上場年月日決算期発行口数出資総額
2005年10月26日6月・12月85,400口553億4400万円
長期債務格付け
S&PMoody'sR&I
-A3A+
資産運用会社
阪急リート投信
資本金主な株主資産保管会社
3億円(2008年6月現在)阪急電鉄【100%】三菱UFJ信託銀行
監査法人名義書換事務主幹事証券会社
あずさ監査法人三菱UFJ信託銀行野村證券 / みずほ証券

代表的な保有不動産と取得価格

NU chayamachi

不動産投資信託 解説

関連サイト

安全な住宅ローンの組み方
住宅ローンの安全な組み方について。フラット35や金利の違いを知ろう
J-REIT初心者入門
1万円からはじめる不動産投資信託。その仕組みや種類を解説
一人暮らしの極意
賃貸住宅に一人暮らしするためのコツや豆知識。不動産屋との上手な付き合い方

サブメニュー