フロンティア不動産投資法人の特徴とデータ

イオンナゴヤドーム前SC商業施設特化型のREITとして運営しているフロンティア不動産投資法人は、以前はJT(日本たばこ産業)がスポンサーとなっていましたが、2008年2月より業界大手の三井不動産に変わりました。

大規模なショッピングセンターからアウトレット、食品スーパーなどが投資対象となり、地域分散においては首都圏を中心としながらも、中部、関西、中国、九州の商業施設が50%を越えており、全国各地に分散投資が行われている不動産投資信託と言えるでしょう。

年間賃料ベースで約8割の不動産物件が契約期間10年超となっており、原則5年以上の賃貸借期間を結ぶルールを定めている為、短期間の売買は行わず長期の保有によって安定的な分配金の提供を行う方針です。

フロンティア不動産投資法人の特徴

J-REIT データ

基本データ
証券コード銘柄名REITの形式
8964フロンティア不動産投資法人商業施設特化型
上場年月日決算期発行口数出資総額
2004年8月19日6月・12月160,000口893億8000万円
長期債務格付け
S&PMoody'sR&I
A+A2-
資産運用会社
三井不動産フロンティアリートマネジメント
資本金主な株主資産保管会社
4億5000万円(2008年6月現在)三井不動産【100%】住友信託銀行
監査法人名義書換事務主幹事証券会社
新日本有限監査法人三菱UFJ信託銀行日興シティグループ証券

同じ系統の銘柄

日本ビルファンド投資法人
首都圏オフィス中心の大型不動産を取得する日本初のJ-REITです。
三井不動産が出資比率43%のメインスポンサーとなっている点が同じです。

日本リテールファンド投資法人
三菱商事と外資系のUBSがスポンサーを務める同じく商業施設特化型の大型リート。
イオングループのショッピングモールなどを複数所有しています。

代表的な保有不動産と取得価格

ゆめタウン広島

不動産投資信託 解説

関連サイト

安全な住宅ローンの組み方
住宅ローンの安全な組み方について。フラット35や金利の違いを知ろう
J-REIT初心者入門
1万円からはじめる不動産投資信託。その仕組みや種類を解説
一人暮らしの極意
賃貸住宅に一人暮らしするためのコツや豆知識。不動産屋との上手な付き合い方

サブメニュー