不動産投資信託の仕組み

東京証券取引所証券化されたREITの投資口を取引所を介して売買し、それによって価格が上下するので株式同様に差益を得ることができます。
また、決算期を迎えるとその期間に生まれた利益を分配金として投資家に還元しますが、これもまた株の配当金と酷似しています。

そして、不動産のプロに運用を一任すると同時に、手の届く価格で幅広い分散投資が行える点は一般的な投資信託(ファンド)とそっくりだと言えるでしょう。

このように、株式や投信の購入を行ったことがある方であれば、不動産投資信託の仕組みはある程度理解できると思います。

REITの利益は不動産賃貸収入によって生まれる

日本ビルファンドマネジメント多くの投資家から資金を集める為、投資法人として証券取引所に上場し、投資口の売り出しを行います。投資口は一般企業が発行する株式と同様のものです。
REITは不動産証券化商品の中の一つとも言えますね。
株を保有している人が株主と言われるのと同じく、REITを保有する場合は投資主となります。

集めたお金を不動産の購入に充てて運用を行うのですが、不動産投資信託特有の仕組みに、不動産投資法人は自ら運用を行うことを禁じられているという法律がある為、これを回避する為に、実際の運用は資産運用会社に委託することになります。

実際に買い付けた不動産は短期間で転がすということはなく、不動産投資信託の主な利益は取得した建物の賃貸収入がメインとなる為、比較的安定した収益を出すことが出来ると言われています。
もちろん運用方針に従って保有している不動産を売却することもありますが、それによって利益が生まれた場合、分配金にしっかりと反映される仕組みとなっています。

保有中の不動産等は投資法人の公式ホームページなどで取得価格、鑑定価格共に公表されていますので、J-REIT購入の際の参考にすると良いと思います。

不動産投資信託 解説

関連サイト

安全な住宅ローンの組み方
住宅ローンの安全な組み方について。フラット35や金利の違いを知ろう
J-REIT初心者入門
1万円からはじめる不動産投資信託。その仕組みや種類を解説
一人暮らしの極意
賃貸住宅に一人暮らしするためのコツや豆知識。不動産屋との上手な付き合い方

サブメニュー